子育て・介護支援への取り組み

スプリーダムグループでは社員の皆様に仕事と子育てを両立してもらえる職場環境を目指しております。
また、多くの社員が出産・育児のために支援制度を活用し、安心して働ける環境作りに取り組んでおります。

支援制度一覧

① 育児休業制度 子どもの1歳の誕生日の前日まで取得が可能
一定の条件を満たした場合、1歳6ヶ月まで延長可能
配偶者が従業員と同じ日、または従業員より先に育児休業をしている場合、 従業員は子が1歳2ヶ月に達するまでの間取得可能
② 介護休業制度 対象家族1人に付き、原則として、通算93日間の範囲内で取得が可能
期間は、介護休業開始予定日から起算して93日を経過する日を定める
要介護状態にある家族とは、負傷・疾病、または身体上若しくは精神上の障害により、2週間以上の期間に渡り常時介護を必要とする状態にある下記の者を指す。
  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 配偶者の父母
  4. 祖父母、兄弟姉妹または孫
  5. 上記以外の家族で会社が認めた者
③ 子の介護休暇 年次有給休暇とは別に、当該子1人に付き1年間に5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として取得可能
対象は、小学校就学の始期に達するまでの子と定める
上記の1年間とは、4月1日から翌年3月31日までの期間を指す
半日単位で取得可能。半日単位となる時間数は1日の所定労働時間の2分の1とし、始業時刻から連続、または終業時刻まで連続するものとする。
④ 介護休暇 年次有給休暇とは別に、要介護状態にある家族1人に付き1年間に5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として取得可能
対象は、要介護状態にある家族と定める
上記の1年間とは、4月1日から翌年3月31日までの期間を指す
半日単位で取得可能。半日単位となる時間数は1日の所定労働時間の2分の1とし、始業時刻から連続、または終業時刻まで連続するものとする。